何かあってからでは遅い!のです
タンク検査は免除要件に係わらず毎年実施されることを推奨いたします
点検時期と対象設備
■1年に1回以上
完成検査後15年以上経っているタンク
■3年に1回以上
完成検査後15年以内のタンク
二重殻タンクの外殻
漏れの覚知及び漏洩拡散防止措置が講じられているタンク
■対象設備
地下タンク本体
地下埋設配管
二重殻タンクのFRP外殻
免除要件
■二重殻タンクの内殻
■危険物の微小な漏れを検知かつ漏洩拡散措置
用語
微少漏洩・・・
直径0.3mm以下の開口部からの漏洩
漏れの覚知・・・
漏洩検査管(区画内)又は在庫管理(精度1/100以上)により
漏れの確認を1週間に1回以上行っていること
漏洩拡散防止措置・・・
地下タンク・配管周囲に危険物の流出を防止する区画が設けられていること
作業状況
気密検査(漏洩検査)
検査前準備
検査前準備
(検知管測定)
作業風景
測定準備
上)気相部測定
下)液相部測定
測定中
気密検査測定機 測定機
検査終了後
通気管等に終了済みの
ステッカーを貼ります
認定番号


→エンジニアリング事業部トップページ
→日東礦工商事株式会社トップページ
Copyright (C)2008 日東礦工商事株式会社 All Rights Reserved.